子どもは遊びの天才

かずあそび comments(0) trackbacks(0) とっても良い子

当塾でのカードゲームの1番人気は、『ノイ』(塾内では、101<ひゃくいち>と呼んでいます。)
自分の手番でカードを1枚ずつ出しながら数字を足し算して101までOKです。
101を超えたら負けです。(ドボンと呼んでいます) 特別カードもあります。「パス」「リターン」「指名」「2枚出し」の指示するカードなど。 負けると手持ちのチップを回収されます。
5年生のT君は、半沢直樹よろしく、ゲームの名前を『金融庁検査』と名付けました。
負けたら 次は『倍がえしで 仕返しをする』など次々に自分たちで考えた内容を追加して 楽しみを膨らましていきます。 「そうだ、負けたら 土下座しよう。」「負けたら 左遷されて、支店に出向される」色々と思考を凝らしています。
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM